スポンサーリンク

Google VR SDK for Unityを使ってカメラをVRに対応させる

新しいバージョンのGoogle VR SDK for Unityでは、使い方がかなり簡単になっていました。新しい記事を書きましたので、そちらを参照してください。

Google VR SDK for Unityを使ってカメラをVRに対応させる(その2)
Google VR SDK for Unityが新しいバージョンになり、以前に書いた以下の記事と比べて、使い方がかなり簡単になっていたので試してみました。 Daydream technical previewを使う Daydream technical previewは、Daydreamの機能を使えるようにカスタマイズされたUnityエディタです...

VRアプリを作るとき、まず最初に行うのはカメラをVRに対応させることです。今回は、Google VR SDK for Unityを使ってカメラをVRに対応させる方法を4種類試して行きます。

目次

カメラをVRに対応させると?

Google VR SDK for Unityを使ってカメラをVRに対応させると、左目用と右目用のカメラが作られ、画面も左目用と右目用に分割されます。

また、ユーザーの頭の動き(VRアプリを実行しているデバイスの傾き)に合わせてカメラが回転します。

f:id:futanoue:20160618020409g:plain

Unityエディタで実行するときは、Altキーを押しながらマウスを動かすとカメラが回転します。Ctrlキーを押しながらマウスを左右に動かすとカメラが左右に傾きます。

StereoControllerスクリプトを利用する

1つ目は、Assets > GoogleVR > Scripts フォルダにあるStereoControllerスクリプトをカメラのオブジェクトに追加する方法です。

f:id:futanoue:20160618110002j:plain

シーンの実行時に、カメラのオブジェクトにGvrHeadコンポーネントが追加されるため、ユーザーの頭の動きに合わせてカメラが回転します。

また、カメラのオブジェクトの子として左目用と右目用のカメラのオブジェクトがシーンの実行時に追加されます。

f:id:futanoue:20160618110053j:plain

メニューのUpdate Stereo Camerasを利用する

2つ目は、カメラのオブジェクトを選択した状態でUnityエディタのメニューから Component > GoogleVR > Update Stereo Cameras を選択する方法です。

f:id:futanoue:20160618150553j:plain

こちらは1つ目の方法と違い、シーン実行前の状態で左目用と右目用のカメラのオブジェクトが追加されます。

そのため、各カメラの見え方をシーンビューで確認したり、他のコンポーネントを追加したりできます。

f:id:futanoue:20160618151630j:plain

また、StereoControllerコンポーネントにあるUpdate Stereo Camerasボタンを押すと、Cameraコンポーネントの設定内容が左目用と右目用のカメラにコピーされます。

GvrMainプレハブを利用する

3つ目は、Assets > GoogleVR > Prefabs フォルダにあるGvrMainプレハブをシーンに追加する方法です。シーンに初めからあるMain Cameraオブジェクトは不要になるため削除します。

この方法は、新しいプロジェクトを作ってゼロからVRアプリを作るときに利用すると良いです。

f:id:futanoue:20160618225224j:plain

HeadオブジェクトにはGvrHeadコンポーネントがあるため、シーン実行時にユーザの頭の動きに合わせて回転します。左右の目のカメラはMain Camera LeftオブジェクトMain Camera Rightオブジェクトです。

f:id:futanoue:20160619011905j:plain

GvrAdapterプレハブを利用する

4つ目は、Assets > GoogleVR > prefabs フォルダにあるGvrAdapterプレハブをカメラのオブジェクトの子として追加する方法です。

この方法は、カメラのオブジェクトに制御用のスクリプトなどが既につけられていて、それらを残したままカメラをVRに対応させたい場合に利用します。

f:id:futanoue:20160619022355j:plain

GvrAdapterオブジェクトにはGvrHeadコンポーネントがあるため、シーン実行時にユーザの頭の動きに合わせて回転します。左右の目のカメラはCamera LeftオブジェクトCamera Rightオブジェクトです。

f:id:futanoue:20160619142621j:plain

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする