Google VR SDK for Unityを使ってカメラをVRに対応させる(その2)

Google VR SDK for Unityが新しいバージョンになり、以前に書いた以下の記事と比べて、使い方がかなり簡単になっていたので試してみました。

Google VR SDK for Unityを使ってカメラをVRに対応させる
新しいバージョンのGoogle VR SDK for Unityでは、使い方がかなり簡単になっていました。新しい記事を書きましたので、そちらを参照してください。 VRアプリを作るとき、まず最初に行うのはカメラをVRに対応させることです。今回は、Google VR SDK for Unityを使ってカメラをVRに対応させる方法を4種類試し...

Daydream technical previewを使う

Daydream technical previewは、Daydreamの機能を使えるようにカスタマイズされたUnityエディタです。Daydream technical previewを使うと、Google VR SDK for Unityをインポートしなくてもステレオレンダリングができます。

Daydream technical previewを使ってステレオレンダリングをするためには、以下のことを行う必要があります。

  • Build SettingsPlatformAndroidを選択する。
  • Player SettingsVirtual Reality Supportedにチェックを入れる。
  • Virtual Reality SDKs+アイコンをクリックし、DaydreamCardboardなどを選択する。

First, make sure that Android is the selected build platform. Next, go to Player Settings and enable Virtual Reality Supported. In the new Virtual Reality SDKs section, select the + icon then select Daydream and/or Cardboard depending on the app you’re making.

Enable stereo renderingより

なお、Virtual Reality SDKsでDaydreamやCardboardを選択しても、Unityエディタで実行した場合はステレオレンダリングされません。Split Stereo Display (non head-mounted)を追加して一番上に移動すると、Unityエディタでもステレオレンダリングはできますが、ヘッドトラッキングなどはできません。

Google VR SDK for Unityを使う

Google VR SDK for Unityをインポートすると、Unityエディタでもステレオレンダリングやヘッドトラッキングのシミュレートができるようになります。

使い方は以前のバージョンより簡単になりました。GvrViewerMainプレハブをシーンに追加するか、GvrViewerスクリプトをシーン内にあるオブジェクトにアタッチするだけです。

To enable VR rendering simulation in Play mode, add the GvrViewerMain prefab to your scene, or attach the GvrViewer script to an existing object.

Stereo rendering in the Unity editorより

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする