カテゴリー「 VR 」の記事一覧

Google VR SDK for Unityを使ってカメラをVRに対応させる(その2)

Google VR SDK for Unityを使ってカメラをVRに対応させる(その2)

Google VR SDK for Unityが新しいバージョンになり、以前に書いた以下の記事と比べて、使い方がかなり簡単になっていたので試してみました。 Daydream technical previewを使う Daydream technical previewは、Daydreamの機能を使えるようにカスタマイズされたUnityエディタです...

Google VR SDK for Unityを使ってカメラをVRに対応させる

Google VR SDK for Unityを使ってカメラをVRに対応させる

新しいバージョンのGoogle VR SDK for Unityでは、使い方がかなり簡単になっていました。新しい記事を書きましたので、そちらを参照してください。 VRアプリを作るとき、まず最初に行うのはカメラをVRに対応させることです。今回は、Google VR SDK for Unityを使ってカメラをVRに対応させる方法を4種類試し...

RICOH THETA Sで撮影された全天球動画をGoogle VR SDK for UnityとAVPro Videoを使ってCardboardで見る

RICOH THETA Sで撮影された全天球動画をGoogle VR SDK for UnityとAVPro Videoを使ってCardboardで見る

RICOH THETA Sは、全天球の静止画や動画の撮影ができるカメラです。ギャラリーページからは、RICOH THETA Sで撮影された全天球の動画をダウンロードできます。theta360.com 今回は、Google VR SDK for Unityと、Unity上で簡単に動画ファイルの再生ができるアセットAVPro Videoの無料試用版を使って、R...

Cardboard SDK for Unityを使ってVRのシューティングゲームを作ってみる(第9回)

Cardboard SDK for Unityを使ってVRのシューティングゲームを作ってみる(第9回)

Cardboard SDK for Unityを使って、VRのシューティングゲームを作って行きます。『風雲!たけし城』のジブラルタル海峡のようなイメージです。 以下の記事の続きです。 今回は、落ちて見えなくなったボールとTeddyのゲームオブジェクトを破棄できるようにします。このゲームは今回で完成ということにします。 ...

Cardboard SDK for Unityを使ってVRのシューティングゲームを作ってみる(第8回)

Cardboard SDK for Unityを使ってVRのシューティングゲームを作ってみる(第8回)

Cardboard SDK for Unityを使って、VRのシューティングゲームを作って行きます。『風雲!たけし城』のジブラルタル海峡のようなイメージです。 以下の記事の続きです。 今回は、一定の間隔を置いてTeddyを発生し続けるようにします。 目次 Teddyを一定間隔で発生するスクリプトを作成する ...

Cardboard SDK for Unityを使ってVRのシューティングゲームを作ってみる(第7回)

Cardboard SDK for Unityを使ってVRのシューティングゲームを作ってみる(第7回)

Cardboard SDK for Unityを使って、VRのシューティングゲームを作って行きます。『風雲!たけし城』のジブラルタル海峡のようなイメージです。 以下の記事の続きです。 今回は、Unityのナビゲーションシステムを利用してTeddyが鉄骨の上を歩くようにします。 目次 ナビメッシュを作成する ...

Cardboard SDK for Unityを使ってVRのシューティングゲームを作ってみる(第6回)

Cardboard SDK for Unityを使ってVRのシューティングゲームを作ってみる(第6回)

Cardboard SDK for Unityを使って、VRのシューティングゲームを作って行きます。『風雲!たけし城』のジブラルタル海峡のようなイメージです。 以下の記事の続きです。 今回は、Teddy(クマ)の3Dモデルをインポートし、ラグドールにしてボールが当たると倒れるようにします。 目次 Teddy...