Google VR SDK for Unityを使ってカメラをVRに対応させる

Google VR SDK for Unityを使ってカメラをVRに対応させる

新しいバージョンのGoogle VR SDK for Unityでは、使い方がかなり簡単になっていました。新しい記事を書きましたので、そちらを参照してください。 VRアプリを作るとき、まず最初に行うのはカメラをVRに対応させることです。今回は、Google VR SDK for Unityを使ってカメラをVRに対応させる方法を4種類試し...

RICOH THETA Sで撮影された全天球動画をGoogle VR SDK for UnityとAVPro Videoを使ってCardboardで見る

RICOH THETA Sで撮影された全天球動画をGoogle VR SDK for UnityとAVPro Videoを使ってCardboardで見る

RICOH THETA Sは、全天球の静止画や動画の撮影ができるカメラです。ギャラリーページからは、RICOH THETA Sで撮影された全天球の動画をダウンロードできます。theta360.com 今回は、Google VR SDK for Unityと、Unity上で簡単に動画ファイルの再生ができるアセットAVPro Videoの無料試用版を使って、R...

Google VR SDK for Unityを利用してDaydream用VRアプリの開発環境を作る

Google VR SDK for Unityを利用してDaydream用VRアプリの開発環境を作る

今回は、Google VR SDK for UnityでDaydream用VRアプリを開発するのに必要な開発環境を作ります。Daydreamコントローラのエミュレータを使ったデモの実行までを行います。 目次 Daydream用VRアプリの開発に必要なものは? Daydreamコントローラのエミュレータをインストールする その他の設定を確認する ...

Re:ゼロから始めるバーチャルリアリティ

Re:ゼロから始めるバーチャルリアリティ

Cardboard SDK for Unityのサイトを見ようとしたら、いつの間にかGoogle VR SDK for Unityに変わっていました。Daydreamという新しいプラットフォームに対応して名前が変更されたようです。この機会に、改めてGoogle VR SDK for Unityを使ったDaydream用のVRアプリの作り方を勉強して行きたいと...

【Fungus】Menuダイアログをカスタマイズしてみる

【Fungus】Menuダイアログをカスタマイズしてみる

今回は、FungusのMenuダイアログのボタンの画像とフォントをデフォルトのものから新しいものに変更してみました。完成すると以下の画像のようになります。 © びたちー素材館 *1 © 2002-2012 M+ FONTS PROJECT © 2012 Fontna.com *2 © きまぐれアフター *3 以前に試したSayダ...

【Fungus】Luaスクリプトを使って特定のブロックから実行を開始する

【Fungus】Luaスクリプトを使って特定のブロックから実行を開始する

今回は、Luaスクリプトを使い、フローチャートのオブジェクトとブロックの名前を指定して、特定のブロックから実行を始める方法を試してみます。 準備 FungusLuaを使うため、Fungus 3をインポートする必要があります(この記事執筆時点ではFungus 3 Beta)。 フローチャートにブロックをいくつか作っておきます。Execute On Ev...

【Fungus】ブロックの Execute On Event について

【Fungus】ブロックの Execute On Event について

Fungusのフローチャート作成時に最初からあるブロックは、Execute On EventがGame Startedになっています。この場合は、ゲームがスタートしたときにブロックが実行されることは分かっていたのですが、その他のものを選択した場合、いつブロックが実行されるのかが気になったので調べてみました。今回は、None、Flowchart Enabled...